Home

藝術中心◉カナリヤ条約のステージに、間口360cm×奥行270cm×水深12cmの浅いプール、つまり「水盤」が出現!水しぶきをあげたり、水面に自身を映したりして、ダンスやパフォーマンスなどを上演します。
参加アーティストはコンテンポラリーダンスをはじめ民族舞踊、現代アート作家、大衆演劇など、それぞれの表現フィールドで活躍する7組の精鋭たち。
本水ならではの斬新な演出アイデアと個性的かつ実験的な身体表現をお見逃しなく!

▶8月18日(土)開場 17:30 開演 18:00
      19日(日)開場 16:30 開演 17:00

鞦韆舘 presents 「水盤舞台 2012」

藝術中心◉カナリヤ条約の夏の風物詩「水盤舞台」に登場するのは、ダンサーや俳優、パフォーマーといった7組のアーティスト。バレエやダンス、日本舞踊や民族舞踊など、それぞれのフィールドで十分なテクニックやスタイルを磨いてきた表現者ばかり(▶下記、profileを参照)。1組あたりの上演時間は約15〜20分で、どの作品も「水」を使った意欲作になるのは必至。
また劇場の前庭スクエアをカフェ&バー・スペースとして開放。お気に入りのドリンクやフードを片手に多彩なパフォーミング・アーツを気軽にお楽しください。

【日   時】8月18日(土)開場 17:30 開演 18:00
           19日(日)開場 16:30 開演 17:00
【料   金】前売 ・当日共:2,500円(1ドリンクつき)
【出   演】青山郁彦 / 遠藤智子 / HARMONISM / 久保田寛子 / 傳谷望
       村本すみれ(MOKK)+関典子+坂下七海 / 藤下久美子  ほか
       (出演順不同)

       ▶ ▶ ▶ 出演タイムテーブルをチェック!

▶ profile ◀

青山郁彦

青山郁彦
AOYAMA, Ikuhiko
大衆演劇から現代劇、アクロバットから大道芸まで、幅広い舞台表現を身につけた俳優兼女形。
現在、沢竜二率いる大衆演劇の劇団「竜劇隊」の副座長で、全国ツアー公演を続けながら、東京や関西などの小劇場でソロ・ワークも発表している。
殺陣やアクロバットを多用する舞台は、小劇場演劇界に一石を投じる演出として注目されている。

遠藤智子

遠藤智子
ENDOH, Tomoko
舞踊家で治療家。
2001年2月、中国の少数民族であるダイ族固有の舞踊を学ぶために、雲南省へ渡り、舞踊家の湯耶璧(タン・イエビ)老師に師事。
同老師からダイ族舞踊専修修了証を受理。
2004年4月に帰国以後、日本でのダイ族舞踊の普及に努めると共に、多様なジャンルのダンサーとのコラボレーションやワークショップにも挑戦している。

村本すみれ(MOKK)

村本すみれ(MOKK form 東京)
MURAMOTO, Sumire
日本大学芸術学部在学中の2002年、自らのダンスカンパニーを率いて活動を開始。
2007年からは「MOKK」として、東京を中心に活動を本格化させる。クリエイターやダンサーとのコラボレーションにより、「劇場機構にとらわれない空間からの発信」を軸とした作品を数多く創造。さらには駐車場やビル、コンテナボックスなど、特異な空間での身体表現の可能性を探る実験企画「MOKK LABO」や映像作品なども手がけている。

関典子

関典子
SEKI, Noriko
ドイツ生まれ、宝塚市出身の舞踊家。幼少よりクラシックバレエを学んだ後、コンテンポラリーダンスに転向。禁欲性と官能性を併せもった独特の身体と表現力には定評があり、近年はソロ活動を中心に、美術・音楽・写真・殺陣など、他ジャンルとのコラボレーションを多く手がけている。2008年度より神戸大学大学院人間発達環境学研究科で専任講師を勤めている。

坂下七海

坂下七海
SAKASHITA, Nanami
1993年生まれ埼玉県出身。
京都造形芸術大学、舞台芸術学科ダンスコース所属。

HAMONISM

HARMONISM
現代美術界の巨匠・嶋本昭三氏に師事し、現代アートを学ぶ。
ギターのヘッドにハケを取り付けて行うアクション・ペインティングで観客の度肝を抜いた。
また建築業界を経て、グラフィックデザイン業界へと移行した経歴から、現在は双方のフィールド・スキルをいかした空間デザインも意匠している。

藤下久美子

藤下久美子
FUJISHITA, Kumiko
鳥取大学教育地域科学部人間文化課程芸術表現コース舞踊学科卒業。
幼少からクラシックバレエに親しみ、同大学でコンテンポラリーダンスに出会う。
2008年、ダンスユニット「ぷ・みつなみ」を結成。
コミカルに振り付けた所作や動作をシリアスなシーンにおいて引用し、密やかな笑いを生み出す。

傳谷望

傳谷望
DENTANI, Nozomu
上方歌舞伎や大衆演劇の舞台を重ねる一方、傳谷望としてコンテンポラリーダンサーやショーダンサーとのコラボレーション作品を創造。
日本舞踊をはじめ創作新舞踊、大衆演劇舞踊など、確かな表現力を武器に、今後もさまざまなジャンルの舞踏手との共演を目指している。

久保田寛子

久保田寛子(IQ5000 form 東京)
KUBOTA, Hiroko
関西出身の奇優・腹筋善之介が率いる演劇集団「IQ5000」の主演女優。同劇団の特長は本来、パワフルかつエンターテインメントを信条とする一方、彼女自身、「ク・ビレ邸」(大阪・北加賀屋)で日本文学を一人芝居化するプロジェクトに取り組み、幻想的かつ異端な演技に挑戦している。今回は「お勢登場」(原作/江戸川乱歩)の再演で水盤に立つ。

 

広告