Home
遠藤智子

遠藤智子

近年、日本のコンテンポラリーダンス界ではアジアの民族舞踊に注目が集まっています。西洋のバレエが身体の美学を芸術的解釈で追求してきた歴史の成果だとすれば、アジアの民族舞踊はその生活に密着した身振りから派生してきたと言っても過言ではありません。それゆえ、幼少からバレエに親しんだ日本人ダンサーにとって、アジアの民族舞踊は新鮮かつ親密に受け入れられているかも知れません。
そこで藝術中心◉カナリヤ条約の舞台芸術講座「Performing Arts Creation vol.2」では、アジアの民族舞踊を取り上げます。ワークショップの講師は遠藤智子氏で、中国の少数民族「ダイ族」の伝統舞踊を大阪を拠点に広めている唯一のダンサーです。アジアの民族舞踊の特長のひとつは、指や腕そして腰の自然な動きで繊細な曲線美を表現することにあります。「ダイ族」の民族舞踊もその固有の生活様式に根づいた「情感と美」を表現しています。
さらにはワークショップの成果を試す舞台公演も用意。「ダイ族」の伝統舞踊に加え、同氏の構成・振り付けによるダンス作品の発表で締めくくります!

▶ワークショップ受講応募締め切り
 【第一次募集】2012年11月30日(金)
 【第二次募集】2012年12月17日(月)
 【第三次募集】2013年01月14日(月)

 

 

Performing Arts Creation vol.2

中国「ダイ族」伝統舞踊ワークショプ

「ダイ族」は中国の南西部・雲南省で暮らす少数民族です。講師の遠藤智子氏は、2001年、彼らの舞踊を学ぶために単身で現地に渡り、湯耶碧(タン・イエビ)老師に師事。同師からダイ族舞踊専修修了証を受け、2004年帰国。以後、関西を中心にダイ族舞踊の普及に努めています。

ダイ族の舞踊で有名なのは「孔雀舞」で、神の化身とされる孔雀の形態や動作を模倣し、ダイ族固有の生活に根づいてる愛情や歓喜、生命力などを表現しているそうです。

また遠藤智子氏はコンテンポラリー・ダンサーとしての資質も高く、ダイ族の舞踊をアダブテーションした創作舞踊を数々、発表してます。ダイ族の伝統的な舞踊に興味のある方はもちろん、バレエやコンテンポラリーダンスのダンサーでアジア的な身体表現を取り入れたい方も一度、チェレンジしてみてはいかがでしょうか!
もちろん初心者大歓迎です。
【募集内容】
中国の少数民族「ダイ族」の伝統舞踊を学びながら、同族の暮らしぶりについても理解を深めます。ワークショップの全課程の終了後、その成果を発表するための舞台公演を開催します。

【応募条件】
・18歳以上の健康な男女
・国籍不問
・経験不問

【受講料】
15,000円
※舞台公演に際に小道具や衣装など、一部の必要経費が別途かかる場合があります。

【募集人員】
20名
※第一次募集で定員に達した場合は、第二次募集を行いません。
※第二次募集の終了後、応募者が15名前後に達していない場合、第三次募集を行う場合があります。

【締め切り】
第一次募集:2012年11月30日(金)
第二次募集:2012年12月17日(月)
第三次募集:2013年01月14日(月)
※郵送の場合、消印有効

【選考方法】
書類選考後、講師自身による面談とオーディションを実施します。

【スケジュール】
1)オーディション:2013年1月下旬 →→→ 【近日発表】
2)ワークショップ:2013年2月上旬〜3月上旬
         (1回あたり3時間程度で、合計15回程度の開催予定)
         ※ワークショップの日程については、オーディション終了後、
          参加者のみに通達します。
         ※参加者からの要望で日程を調整させていただく場合もあります。
3)舞 台 公 演:2013年3月中旬

 

【公演参加条件】
本人および所属団体にも下記条件を承認していただきます。
・ワークショップおよび公演会場は、藝術中心◉カナリヤ条約(住之江区北加賀屋)
・舞台公演に際してのチケットノルマなし
・ギャランティーは、本人が販売したチケット代金の一部をキャッシュバックして充当

【応募方法】
▶郵送で
下記の項目を記入の上、メールまたは郵送でご応募ください。
印は必須事項)
1)氏名(フリガナ)
2)住所
3)電話番号
4)メールアドレス(携帯メールアドレスの場合、PCからのメールを受信できること)
5)身長・体重
6)現在の所属団体など
7)これまでの活動記録(舞台公演や映画・CM出演など)
8)自己PR(500文字以内)
9)写真2枚(全身・上半身、携帯電話でのカメラ撮影も可)

●送付先
559-0011
大阪市住之江区北加賀屋2-8-8
北加賀屋クリエイティブ・ビレッジ
インフォメーション・センター
「ク・ビレ邸」内
「ダイ族舞踊ワークショップ公演」係
注)締め切り日の消印有効

 

▶メールで
タイトルに以下を入力し、下記アドレスに空メールを送信してください。
受信確認後、応募に関する必要事項を返信いたします。

●応募先アドレス
「ダイ族舞踊ワークショップ公演」係
replic@nt.forum.ne.jp

注1)携帯メールから応募される場合、PCからの返信メールを受信できる設定に
   しておいてください。
   当方はPCからメール送信させていただきますので、
   携帯メールアドレスに送信できない場合があります。
注2)空メールの送信後、48時間を経ても受信確認の返信がない場合、
   以下にお電話の上、その旨、お伝えください。

   ク・ビレ邸:06-7492-7504
        (9:00〜12:00、19:00〜22:00、木曜定休)

【講師】
遠藤智子 ENDOH, Tomoko

profile
舞踊家で治療家。
2001年2月、中国の少数民族であるダイ族固有の舞踊を学ぶために、雲南省へ渡り、舞踊家の湯耶璧(タン・イエビ)老師に師事。同老師からダイ族舞踊専修修了証を受理。
2004年4月に帰国以後、日本でのダイ族舞踊の普及に努めると共に、多様なジャンルのダンサーとのコラボレーションにも挑戦している。

message
ダイ族舞踊は、我々アジア人の体型を美しく見せ、その身体能力を活かすことのできる舞踊です。
手脚や体幹で創り出すS字型、螺旋を描くような柔らかい動きを特長とし、この独自の動きは自然豊かな環境での生活や、鳥の羽ばたきや魚が泳ぐ姿に根ざしています。
また、小柄な体型や謙虚さを美徳とする精神、森羅万象に神を感じる大らかな信仰心、祭を男女の結びの場としてきた文化など、日本人と共通点の多い民族でもあります。
体幹の安定のさせ方から、指先の細かい動き、顔の表情のつけ方まで、丁寧に指導します。
穏やかでありながら力強い、聖なるものを感じさせながらも色っぽい、そんなダイ族舞踊を一緒に踊ってみませんか!

広告