Home

時代劇ワークショップ公演の告知用DM

北加賀屋(大阪)のアートスタジオ「藝術中心◉カナリヤ条約」とバー&ギャラリー「ク・ビレ邸」の両拠点を中心に活動するアート・プロデュース集団「鞦韆舘(しゅうせんかん)」が主催する「よりみちアート」が、昨年に引き続き、今年も開催します。
今回は、北加賀屋での作品創造や上演を果たしたアーティストやクリエイターが一同に会し、アートなお祭り気分を盛り上げます。参加作品はエンターテインメントから実験的な舞台まで、さまざまなジャンルを一挙に楽しめるのが特長。
また会場の前庭を「よりみちガーデン」として開放し、ドリンクやフードなどを楽しんでいただけるようにする予定。お気に入りのメニューを片手に演劇や音楽ライブなど多彩なパフォーミング・アーツを気軽に楽しんでください。

▶11月23日(金・祝)開演 16:00
      24日(土)  開演 16:00

鞦韆舘 presents 「よりみちアート vol.2」

今年の「よりみちアート」は演劇を中心としたライン・アップです。そのジャンルも時代劇あり、朗読劇あり、一人芝居ありと多種多彩。中でも「藝術中心◉カナリヤ条約」で開かれた「時代劇ワークショップ」のメンバーによる舞台作品は特筆に値します。約1ヵ月半という短期間集中リハーサルにもかかわらず、作品の仕上がりは上々で、関係者でなくても本番の舞台に期待できます!
また音楽ライブとして、「ク・ビレ邸」でお馴染みのミュージシャンたちがスペシャルなライブを披露。さらに前述のワークショップ講師・青山郁彦氏による眉目秀麗かつ抱腹絶倒の「女形舞踊」は必見!

【日  時】11月23日(金・祝)開演 16:00
         24日(土)  開演 16:00


【料  金】一  般:2,500円(1ドリンクつき)
      地域割引:1,000円
      ※「地域割引」は北加賀屋に在住または在勤の方に適用

【上演作品】……………23日(金)・24日(土)の両日とも……………

      1:青山郁彦が率いる殺陣ワークショップ集団 presents
        エンターテインメント時代劇「鞦韆流秘聞」
        ▶作/演出:青山郁彦
         出演:浅場幸子、市川はるこ、今西洋貴
            雲井和之助(殺陣パフォーマンス集団「斬!」)
            谷口夫美(チーム小町)、二宮亜紀、森田伸也
            (以上、50音順)

            ※この作品のみ、23(金)19時30分から「単独上演」します。
            ※「単独上演」の入場料は、1,500円(1ドリンクつき)です。
            【予告映像をチェック!】

      2:大衆演劇の新波を北加賀屋から発信! 青山郁彦 presents
        女形新舞踊「華酔曲 2012」
        ▶出演:青山郁彦

      ……………23日(金)のみ………………………………………

      3:北加賀屋在住のオチャメなピアニスト 松本有加 presents
        ジャズ・ライブ「ジャズ千夜一夜 vol.10」
        ▶ミュージシャン:松本有加(pf)、近藤泰代(vo)、藤井拓(gt)

      4:「ク・ビレ邸」の秘宝・サイケな女王 ファイブ presents
        昭和歌謡ロック「ザ・喫茶店ライブ」
        ▶ミュージシャン:ファイブ(vo & kb)、スーザン(pf)
                 大菜乃子(perc)

      ……………24日(土)のみ………………………………………

      5:「藝術中心◉カナリヤ条約」の奇才演出家 佐藤香聲 presents
        童話朗読+音楽ライブ「ペーパームーン劇場 vol.3」
        ▶作/演出:佐藤香聲(銀幕遊學◉レプリカント
         口上:川上千佳子、朗読:蔵本真見(劇団「突劇金魚」)
         ライブ演奏:「石の花」服部正(sampler、gt、vc)
                    村上龍信(perc)

      6:北加賀屋を愛する華の都の女優 久保田寛子 presents
        一人芝居プラス「猫と庄造と二人のおんな」(原作/谷崎潤一郎)
        ▶出演:久保田寛子、坂本泰久(以上、劇団「IQ5000」)

▶ profile ◀

青山郁彦

青山郁彦
AOYAMA, Ikuhiko
大衆演劇から現代劇、アクロバットから大道芸まで、幅広い舞台表現を身につけた俳優兼女形。
現在、沢竜二率いる大衆演劇の劇団「竜劇隊」の副座長で、全国ツアー公演を続けながら、東京や関西などの小劇場でソロ・ワークも発表している。
殺陣やアクロバットを多用する舞台は、小劇場演劇界に一石を投じる演出として注目されている。

松本有加

松本有加
MATSUMOTO, Yuka
浜松市出身、北加賀屋(大阪市住之江区)在住。
ピアノをはじめキーボード、エレクトーンまで弾きこなす鍵盤プレーヤー。演奏ジャンルはジャズからポピューラー音楽、実験的な作品と幅広い。さらに自身の音楽ユニット「基本むかしばなし」では、作曲とボーカルも担当している。
また月に1回、「ク・ビレ邸」でジャズライブを開催し、地域の音楽ファンに親しまれている。

 

ザ・喫茶店

ファイブ
FIVE
60〜70年代のサイケデリックやゴーゴー・ミュージック、昭和歌謡やグループ・サウンズをこよなく愛するロックなボーカリスト。自身が率いるバンド「ザ・喫茶店」のオリジナル曲は、昭和40年代の大阪、下町のとある喫茶店の雇われママとアルバイト女学生、オーナーの娘が繰り広げる日々をモチーフに作られている。
また「ク・ビレ邸」(大阪・北加賀屋)ではバー・カウンターも担当していて、彼女が提供するオリジナル・フード目当ての常連客も多い。

石の花

石の花
The Stone Flower
服部正(sampler、gt、vc)と村上龍信(perc)の音楽ユニット。
舞台音楽やダンス・ミュージックのトラック制作をへて2009年活動スタート。グループ名は"虚構の庭に棲むほんもののカエル"(マリアン・ムーアの詩)から引用。「音が二つ続けば音楽だ」という捨て鉢な主張を軸に、文学の音楽的展開を模索中。演奏するのは前衛ジャズあるいはサーフ・ミュージックをモティーフとした即興フリー・フォーク。
ライブステージでは、ギターなどのありふれた楽器や電子楽器で演奏したサウンドをループ・サンプラーで繰り返すことにより、セルフメードの音素材を重ねていく。スカスカで、音圧を排した微音系のサウンドが特長である。

久保田寛子

久保田寛子
KUBOTA, Hiroko
関西出身の奇優・腹筋善之介が率いる演劇集団「IQ5000」の主演女優。同劇団の特長は本来、パワフルかつエンターテインメントを信条とする一方、彼女自身、「ク・ビレ邸」(大阪・北加賀屋)で日本文学を一人芝居化するプロジェクトに取り組み、幻想的かつ異端な演技に挑戦している。

 

 

広告