Home
告知DM

告知DM

藝術中心◉カナリヤ条約のステージに、間口360cm×奥行270cm×水深12cmの浅いプール、いわゆる「水盤」を設置し、水しぶきをあげたり、水面に自身を映したりして、ダンスやパフォーマンスなどを上演します。
参加アーティストはコンテンポラリーダンスをはじめ民族舞踊、舞台俳優など、それぞれの表現フィールドで活躍する7組の精鋭たち。
本水ならではの斬新な演出アイデアと個性的かつ実験的な身体表現をお見逃しなく!

▶8月17日(土)開場 18:30 開演 19:00
    18日(日)開場 17:00 開演 17:30

鞦韆舘 presents 「水盤舞台 2013」

水に舞い、水を踏み、水と踊る!藝術中心◉カナリヤ条約の夏の風物詩は「水盤舞台」。ダンサーや俳優、パフォーマーがそれぞれのスタイルで約15〜20分の作品を上演します。
また劇場の前庭スクエアをカフェ&バー・スペースとして開放。お気に入りのドリンクを片手に多彩なパフォーミング・アーツを気軽にお楽しください。

【日   時】8月17日(土)開場 18:30 開演 19:00
18日(日)開場 17:00 開演 17:30
【料   金】前売 ・当日共:2,500円(1ドリンクつき)
【出   演】青山郁彦+久保田寛子 / 飯干未奈 / 河邉こずえ / 橋本源氏
遠藤智子+UME2 BRAND-NEW* / 市川まや+吉見英里 / 桃嘩
(出演順不同)
▶ ▶ ▶ 出演タイムテーブルをチェック!

aoyama青山郁彦
AOYAMA, Ikuhiko
大衆演劇から現代劇、アクロバットから大道芸まで、幅広い舞台表現を身につけた俳優兼女形。現在、沢竜二率いる大衆演劇の劇団「竜劇隊」の副座長で、全国ツアー公演を続けながら、東京や関西などの小劇場でソロ・ワークも発表している。殺陣やアクロバットを多用する舞台は、小劇場演劇界に一石を投じる演出として注目されている。
今回は江戸川乱歩の小説「人間椅子」の舞台化(演出・佐藤香聲)に、久保田寛子との二人芝居で挑戦。

DSC_0196久保田寛子
KUBOTA, Hiroko
IQ5000所属。主宰は元・惑星ピスタチオ座長・腹筋善之介。道具を使わず役者の身体のみでどこまで表現できるか、イマジネーション溢れる舞台を追求中。2012年には1年間、カナリヤ条約の関連施設「ク・ビレ邸」にて、月イチ一人芝居を開催。泉鏡花、寺山修司、江戸川乱歩、夢野久作、歌舞伎作品などを上演。今年はマイペースにやる予定。
今回は江戸川乱歩の小説「人間椅子」の舞台化(演出・佐藤香聲)に、久保田寛子との二人芝居で挑戦。

Iiboshi飯干未奈
IIBOSHI mina
1993年よりストリッパー・渡辺理緒として13年間、全国を巡業し、2006年よりショー・ダンスをベースに女性美を追求したセクシーアートダンスや日本舞踊、中国舞踊の要素を取り入れた創作舞踊へと華麗に転身。
2007年にブルーローズ・ダンスプロジェクトを設立し、本格的な舞台作品にも挑戦。近作では、緻密な取材と斬新な解釈による「古事記」が絶賛された。

endoh**遠藤智子
ENDOH, Tomoko
舞踊家で治療家。
2001年2月、中国の少数民族であるダイ族固有の舞踊を学ぶために、雲南省へ渡り、舞踊家の湯耶璧(タン・イエビ)老師に師事。
同老師からダイ族舞踊専修修了証を受理。
2004年4月に帰国以後、日本でのダイ族舞踊の普及に努めると共に、多様なジャンルのダンサーとのコラボレーションやワークショップにも挑戦している。

ume2_men2UME2 BRAND-NEW*
アニメーションダンサー。ギターを加藤雅春氏(作編曲家/ギタリスト)に師事。インディーズバンド MISS.T.BRUNCH をはじめ、様々なバンドへギタリストとして参加。後に、ダンスを独学。バンド脱退後、アニメーションダンサーUME2 BRAND-NEW* として、ソロパフォーマンスを開始。当初より世界観と物語性を重視したダンスパフォーマンスを展開し、DANCE COMPLEX 2008 (大阪市立芸術創造館)にて審査員特別賞を受賞。

momocajpg桃嘩
momoca
1992年よりエアロビックス競技選手活動SUZUKI西日本大会等出場。2002年に引退。 その後社交ダンスにベリーダンス界で新境地で修行積む。
BLUEROSEDanceproject伽羅創作舞踊研究所に所属。飯干未奈プロデュースによる天女舞。ロータス舞等オリエンタルで森羅万象の美を追求していく舞踊り。一心寺シアター倶楽に世界館舞台公演出演。 2013年よりインドタイガー同心店レギュラー桃嘩berryshow定期的に活動。

kawabe河邉こずえ
KAWABE,Kozue
愛媛県松山市生まれ。3歳よりクラッシックバレエを八束公子、三秋信子に師事。大阪芸術大学舞台芸術学科、在学中より、横井茂、望月則彦、今岡頌子、堀内充、加藤きよ子らに師事。博士課程へ進学。2011年舞踊の研究において芸術博士号を取得。A.A.P登録メンバー。舞踊家として活動する傍ら、今岡頌子•加藤きよ子ダンススペースに所属し指導者として後輩の育成にあたる。Passion du Ballet a Kyoto Competition(1位、2011)やNew Prague Dance Festival(ダンスシアター賞グランプリ、2009)など、世界のコンクールにおいて評価されている注目の舞踊家。

????????????????????????????????????市川まや
ICHIKAWA, Maya
幼少よりクラシックバレエを始める。高校生の時に見たフィリップ・ドゥクフレに影響を受け、空間演出に興味を持つ。活動の場は、劇場、電車、ディスコなど様々。テーマは常に「受け入れる」ことに対しての行動や、時間、思考、感覚、について。毎年一人でさらされる時間を持つことを課しつつ、近年は幅広い世代や経験を持つ人々と作品を創ることに興味を持っている。
2002年からソロ活動を始め、北村成美の作品やLiz Lerman Dance Exchange作品に参加後、劇団「維新派」での活動を経て、8都道府県6~73歳30人の出演者との作品「30’s(サーティーズ)~」を発表。

yoshimi吉見英里
YOSHIMI, Eri
3歳よりクラシックバレエをはじめる。18歳、コンテンポラリーダンスに出会う。大学生時代、創作ダンスコンクールで賞を受賞。アーティスティックムーブメントイントヤマ2009、少人数のための創作ダンスコンクール 特別賞受賞。
現在の活動としては満月の夜にどこからともなく現れ大阪のど真ん中で満月ダンス。場所にとらわれない踊り手を目指す。最近では高等学校の運動部のアップトレーニングを目的としたコンテンポラリーダンスワークショップを行う。

hashimoto橋本源氏
HASHIMOTO, Genji
京都造形芸術大学・舞台芸術コース卒業。
ダンス・演劇・能・日舞・大衆演劇等を学び、学生時代から大学内外で様々な舞台に立つ。優れた身体能力が無くても面白い舞台は作れる!の信念の元、地味に活動中。
有名なダンスカンパニー・公演は数あれど、自分の好みに合うかは別問題。「よくわからんけど面白い」「自分でも出来るかも」難しく考えずに観てほしい。ダンスしてみてほしい。そんなハードルの低さでいいじゃない。とりあえずやってみる、踏み台になればいいと思っています。
今作のタイトル「mine mine」(まいん まいん)

広告