Home

x%e7%b7%9a%e4%b8%8a%e3%81%ae%e3%82%b5%e3%83%ad%e3%83%a1

加藤明子が一人二役に挑戦

ロードショー映画デビューを果たした加藤明子による
初めての「ひとり舞台。」で、しかも「一人二役」に挑戦。

華やかな名女優と地味で目立たない作家の女。
二役を自在に行き来うダイナミックな演技と、
腰をうねらせて舞う華やかなパフォーマンスに注目。
19世紀末の耽美かつ幻想文学の傑作、
オスカーワイルドの「サロメ」へのオマージュとして
佐藤香聲と三名刺繍のコンビが放つ待望のひとり舞台。

女優と劇作家が企てた完全犯罪劇

ホテルの一室。
名女優と呼ばれる花沢禽子が宿泊している。
明日、彼女のひとり舞台「我が家のサロメ」が開幕するのだ。

実は、禽子は完璧な殺人の計画に陶酔していた。
自分を騙そうとした詐欺師の青年を、
明日、この手にかかけて殺害するのだ。
共犯者は「我が家のサロメ」の劇作家・田辺由美。
 
ところが舞台の初日を明日に控えた決行の日、
共犯の女・由美は、先に青年詐欺師を殺害してしまう。
しかも自首すると電話がある。
狂乱する花沢禽子。

騙したのは誰で、騙されたのは誰なのか。
留置所から語られる声の正体は?
作家と女優という強い絆で結ばれていた二人は、
「交わる二本の直線は、無限に永遠に離れていく」という
ユークリッド幾何学になぞられて、
死に神の腹の上で踊り始めた!

Japan Total Entertainment presents

加藤明子 ひとり舞台

X線上のサロメ

作・三名刺繍 演出・佐藤香聲(さとうかしょう)

【日  時】2016年11月5日(土)16:00 / 20:00
      ※受付開始は15分前。
      ※演出上の都合により、開演10分後から15分間の入場を禁止。

【料  金】前売:2,500円 当日:3,000円

【出  演】加藤明子

【チケット】電 話:06-6306-6906(JTE)

【主  催】ジャパン トータル エンターテインメント株式会社

【共  催】B.S.TIMES

【企  画】アートプロジェクト集団「鞦韆舘

【協  力】関西ビジネスサテライト新聞社 / アートプロジェクト集団「鞦韆舘」(しゅうせんかん)
      銀幕遊學◉レプリカント / ライターズカンパニー / 劇団レトルト内閣