Home

告知フライヤー

関西の新進気鋭のプロダクション「ジャパン・トータル・エンターテインメント」が1年半前にスタートさせた舞台俳優育成プロジェクト「演」。破竹の勢いは止まらず、10回目を数える。
今回は、男女の分かれて別々の上演で、男性は「戦争で死ねなかったお父さんのために」(作・つかこうへい)、女性は「フローズンビーチ」(作・ケラリーノ・サンドロビッチ)に挑戦。どちらも演劇界の芥川賞と呼ばれる「岸田戯曲賞」を受賞した劇作家の作品で、前者が1970年代の、後者が90年代の日本の機運や若者の機微を描いた傑作。

【日   時】◎戦争で死ねなかったお父さんのために
        10月07日(土)  開演 19:00(A)
           08日(日)  開演 15:00(B)
           09日(月・祝)開演 19:00(A)
           10日(火)  開演 14:00(B)

       ◎フローズンビーチ
        10月07日(土)  開演 14:00(A)
           08日(日)  開演 19:00(B)
           09日(月・祝)開演 14:00(B)
           10日(火)  開演 18:00(A)
      【注 意】
       ※受付開始は各回、開演時刻の30分前。
       ※開演時刻の(A)と(B)はダブルキャストの種別。
       ※(A)(B)のキャストについては下記【出演】を参照。
       ※各公演後、ファン・ミーティングあり(ワンドリンク500円)。

【料   金】◎戦争で死ねなかったお父さんのために
        前売予約:2,000円 当日:2,500円

       ◎フローズンビーチ
        前売予約:2,500円 当日:3,000円

【出   演】◎戦争で死ねなかったお父さんのために
        〈チームA〉
         青地貴裕 / 古田幸人 / 上野湧大 / 鶴圭太
        〈チームB〉
         平田芳幸 / キド☆ユタカ / 白川優弥 / 中野広司

       ◎フローズンビーチ
        〈チームA〉
         新名希弥 / つねなりあやか / 福永愛 / 石埜葵
        〈チームB〉
         くれあ / 浅倉明音 / 辻本佳代 / 白河奈々未

【チケット 】https://goo.gl/2YcfDb

【企   画】アートプロジェクト集団「鞦韆舘

【主   催】ジャパン トータル エンターテインメント株式会社

戦争で死ねなかったお父さんのために

一人のお父さんのもとに、30年遅れで大日本帝国陸軍からの召集令状が配達される。たまたま配達されなかった令状だが、このお父さん、戦争に行けなかったという屈辱をはらさんがために、郵便局長と警察署長と共に「戦地」に出向くためのリハーサルを重ねることに。
イデオロギーがぶつかり合ったかつての戦争と、宗教対立や他国への不信感による時代の戦争。どの時代も「武力に頼るしか平和は保たれない」のではないか、と考えさせられる作品です。

フローズンビーチ

南国のモダンな別荘に集まったのは5人の女たち。住人で双子の姉妹・愛は、父親への偏愛から妹・萌と義母・咲恵を敵視している。
愛の幼馴染・千津は歪んだ情愛から彼女を憎み、知人の市子をたぶらかし「愛殺し」を企てる。起きたのは殺人と事故死。1990年代以降の沈み始めた日本を「サスペンス・コメディー」という新しいジャンルで描き、リアリティーのない「リアル」な今日を予言していたかのような作品です。

(構成・演出担当 佐藤香聲・さとうかしょう)

告知フライヤー(ウラ)